FC2ブログ

    遊戯王工房研究所

    2016年12月31日を持って遊戯王工房研究所は解散しました。今まで応援ありがとうございました!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    蟲惑魔と「落とし穴」及び「ホール」と名の付く通常罠について

    煉獄の落とし穴
    こんにちは(^-^)

    今回もJUDGMENT OF THE LIGHT(JOTL)に収録されるカード

    蟲惑魔

    について考えていきたいと思います!
    ○新規カード
    トリオンの蟲惑魔
    効果モンスター
    星4/地属性/昆虫族/攻1600/守1200
    このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードの効果を受けない。
    このカードが召喚に成功した時、デッキから「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カード1枚を手札に加える事ができる。
    また、このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

    アトラの蟲惑魔
    効果モンスター
    星4/地属性/昆虫族/攻1800/守1000
    このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードの効果を受けない。
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分は手札から「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードを発動できる。
    また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分がコントロールする通常罠カードの発動と効果は無効化されない。

    カズーラの蟲惑魔
    効果モンスター
    星4/地属性/植物族/攻 800/守2000
    このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードの効果を受けない。
    自分が「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードを発動した場合、デッキから「カズーラの蟲惑魔」以外の「蟲惑魔」と名のついたモンスター1体を選び、手札に加えるか特殊召喚できる。
    「カズーラの蟲惑魔」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

    蟲惑の落とし穴
    通常罠
    このターンに特殊召喚された相手フィールド上のモンスターが効果を発動した時に発動できる。
    その効果を無効にし破壊する。

    ○落とし穴と名の付く通常罠
    異次元の落とし穴
    相手がモンスター1体を守備表示でセットした時に発動する事ができる。
    セットしたそのモンスター1体と自分フィールド上のモンスター1体を破壊してゲームから除外する。

    大落とし穴
    同時に2体以上のモンスターが特殊召喚に成功した時に発動できる。
    フィールド上のモンスターを全て破壊する。

    落とし穴
    相手が攻撃力1000以上のモンスターの召喚・反転召喚に成功した時に発動できる。
    その攻撃力1000以上のモンスター1体を破壊する。

    狡猾な落とし穴
    自分の墓地に罠カードが存在しない場合に発動できる。
    フィールド上のモンスター2体を選択して破壊する。

    深黒の落とし穴
    レベル5以上の効果モンスターが特殊召喚に成功した時に発動する事ができる。
    そのレベル5以上の効果モンスターをゲームから除外する。

    奈落の落とし穴
    相手が攻撃力1500以上のモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動できる。
    その攻撃力1500以上のモンスターを破壊しゲームから除外する。

    粘着落とし穴
    相手がモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動する事ができる。
    そのモンスターはフィールド上に表側表示で存在する限り、元々の攻撃力が半分になる。

    硫酸のたまった落とし穴
    フィールド上に裏側守備表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
    そのモンスターを表側表示にして、守備力が2000以下の場合は破壊する。
    守備力が2000より上の場合は裏側守備表示に戻す。

    煉獄の落とし穴
    相手が攻撃力2000以上のモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
    その攻撃力2000以上のモンスター1体の効果を無効にし破壊する。

    ○ホールと名の付く通常罠
    二重の落とし穴
    再度召喚した状態のデュアルモンスターが戦闘によって破壊された場合に発動できる。
    相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

    ホワイト・ホール
    相手が「ブラック・ホール」を発動した時に発動する事ができる。
    自分フィールド上に存在するモンスターは、その「ブラック・ホール」の効果では破壊されない。

    まず新規カードについて
    ○トリオンの蟲惑魔
    蟲惑魔の主力モンスターで、召喚時と特殊召喚時どちらもアドバンテージが稼げるのでとても便利なモンスター。
    蟲惑魔デッキだけでなく、他のメタビートに出張させることが可能。忍者マスター HANZOみたい。
    今の征竜や魔導(特に魔導)の環境ではイマイチ微妙に見えるが、奈落の落とし穴や煉獄の落とし穴を伏せやすくなるのはとても強力。個人的にそのうち化けそうだなと思ってますw

    ○アトラの蟲惑魔
    このモンスターも蟲惑魔の主力モンスターで、処刑人-マキュラやジェット・ロイドのように手札から「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードを発動できるため、サイクロンや大嵐などの魔法罠除去が恐くない。
    また、フィールド上に表側表示で存在する限り、自分がコントロールする通常罠カードの発動と効果は無効化されないので、真六武衆-シエンやナチュル・パルキオンが恐くない。

    ○カズーラの蟲惑魔
    蟲惑魔専用のサーチ&リクルート役で、他のとは違い植物族なのでローンファイア・ブロッサムでリクルートできる。
    「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードを能動的に発動できる機会は少ないため、少し使いづらい。
    相手が罠を警戒してあえて裏守備でモンスターを置いて機会を待つプレイングをした時に硫酸のたまった落とし穴で破壊して効果発動!というのはできるかもしれない(リバースモンスターだった場合発動してしまうが。)。

    ○蟲惑の落とし穴
    今の遊戯王は特殊召喚なんていくらでもしているため、発動できる機会は多く強力なカードで、落とし穴の多くはモンスターが出たときが多く、後伏せで機能する「落とし穴」が登場したのは大きい。
    アトラの蟲惑魔と一緒に使えば、朱光の宣告者のように扱える。


    「落とし穴」及び「ホール」と名の付く通常罠について
    基本的に使えそうなカードは落とし穴、狡猾な落とし穴、深黒の落とし穴、奈落の落とし穴、煉獄の落とし穴、蟲惑の落とし穴で、他のカードはサイドデッキに入れたり、専用デッキに使う感じだと思います。

    例えば、大落とし穴ラヴァルやインフェルニティ、ハーピィなど一度に大量展開するデッキに対して使用でき、硫酸のたまった落とし穴は裏守備表示で置くことの多いデッキに対して使うことができる。
    また、二重の落とし穴はデュアルを使うデッキで使うことができる。


    正直蟲惑魔、特に蟲惑魔トリオンを何かのデッキに出張してデッキを組んでみたい。
    何のデッキに使えばよいのだろう・・・旋風BFはちょっと難しいかなぁ。

    地属性だからカオスビートみたいな感じにするのはできないし。

    ブリキンギョと相性が良いという点を見て【マシンガジェ】に入れるのはアリかもしれない。
    【マドルチェ】も良いかもなぁ巌征竜-レドックスと相性が良いし。

    共鳴虫ではリクルートできないが大樹海で蟲惑魔をサーチできるので昆虫族デッキに入れても良いかもなぁ。昆虫軸のナチュルとか。

    どんどん試していきましょ(^^)

    ではそろそろこの辺で。

    最後に一言:今のうちに「落とし穴」系を集めておこう^^



    人気ランキングに参加してます!気に入ったらクリックお願いします!

    関連記事
    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    黒梟

    Author:黒梟
    主に遊戯王の対戦動画を載せたり、デッキ紹介したり考察しています\(^o^)/

    トラックバックやコメントはご自由にどうぞ~

    相互リンク募集中です!

    ランキング1位目指してます!
    応援よろしくお願いします!!



    メンバー紹介

    黒梟:このブログの管理人。
    活動はこのブログの管理や新情報の考察などです。
    ほとんどの記事は僕が書いてます。
    好きなデッキは旋風BFや墓地BFなど色々。


    ラッペ:このブログの副管理人。
    動画編集及びアップロードを主にやってくれています。
    使用デッキは主に暗黒界とガスタ。
    いつも迅速に動画を上げられているのは彼のおかげである。


    ファルコン:よくコンボ系のデッキを考えてくるデュエリスト。
    好きなデッキはX-セイバーだったが、今では完全に暗黒界使いである。
    現在は遊戯王よりもヴァンガードらしい。


    PHONE-D(ホンディー):メンバーの中でも随一の頭脳を持つデュエリスト。ぶん回し系のデッキを使うのが得意で、動き方のパターンを考えるのもとても上手い。
    最近の使用デッキはカラクリ。


    ヴァラファー:爬虫類族を愛するノリの良いデュエリスト。特にレプティレス・ナージャが好きすぎてたまらないみたいですw
    だがしかし最近は、墓守や魔導を使用している。
    爬虫類とはなんだったのか・・・。


    トバリ(元USB):リチュアをこよなく愛するデュエリスト。
    主な使用デッキはもちろんリチュア。
    最近は六武衆にも手を出している。


    トーマス:スターダストドラゴンを追い求めるデュエリスト。


    チャック:主にギャンブルカードで敵を追い詰める戦法が得意です。


    最近はメンバーの都合がつかなかったり、紹介したいデッキがない!という感じで対戦動画を撮る回数が減ってますが、デッキレシピの紹介や最新情報についての考察なども書いてます。

    まだまだ未熟なデュエリストの集まりなので、できれば感想や改善点など教えてくれればうれしいです!



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。