FC2ブログ

    遊戯王工房研究所

    2016年12月31日を持って遊戯王工房研究所は解散しました。今まで応援ありがとうございました!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ライトレイサイバー ~機光竜襲雷の新規サイバーとライトレイ ソーサラーで攻める~ 【デッキ紹介】

    サイバー・ドラゴン・ノヴァ
    こんにちは(ノo´・∀・)ノ゙ ⌒☆:*:+・・+:*゚☆

    今回はSTRUCTURE DECK -機光竜襲雷-で収録される新規のサイバー達とライトレイソーサラーを合わせた

    【ライトレイサイバー】

    を紹介したいと思います!

    サイバー・ドラゴン・コア
    効果モンスター
    星2/光属性/機械族/攻 400/守1500
    このカードが召喚に成功した時、デッキから「サイバー」または「サイバネティック」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える。
    また、相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
    デッキから「サイバー・ドラゴン」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
    「サイバー・ドラゴン・コア」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
    このカードのカード名は、フィールド上・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。


    サイバー・ドラゴン・ドライ
    効果モンスター
    星4/光属性/機械族/攻1800/守 800
    このカードが召喚に成功した時、自分フィールド上の全ての「サイバー・ドラゴン」のレベルを5にできる。
    この効果を発動するターン、自分は機械族以外のモンスターを特殊召喚できない。
    また、このカードが除外された場合、自分フィールド上の「サイバー・ドラゴン」1体を選択して発動できる。
    選択したモンスターはこのターン、戦闘及びカードの効果では破壊されない。
    このカードのカード名は、フィールド上・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。


    サイバー・ドラゴン・ノヴァ
    エクシーズ・効果モンスター
    ランク5/光属性/機械族/攻2100/守1600
    機械族レベル5モンスター×2
    1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
    自分の墓地の「サイバー・ドラゴン」1体を選択して特殊召喚する。
    また、1ターンに1度、自分の手札・フィールド上の「サイバー・ドラゴン」1体を除外して発動できる。
    このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、2100ポイントアップする。
    この効果は相手ターンでも発動できる。
    このカードが相手の効果によって墓地へ送られた場合、機械族の融合モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚できる。


    サイバー・リペア・プラント
    通常魔法
    自分の墓地に「サイバー・ドラゴン」が存在する場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
    自分の墓地に「サイバー・ドラゴン」が3体以上存在する場合、両方を選択できる。
    「サイバー・リペア・プラント」は1ターンに1枚しか発動できない。
    ●デッキから機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
    ●自分の墓地の機械族・光属性モンスター1体を選択してデッキに戻す。


    サイバー・ネットワーク
    永続罠
    発動後3回目の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを破壊する。
    1ターンに1度、フィールド上に「サイバー・ドラゴン」が存在する場合に発動できる。
    デッキから機械族・光属性モンスター1体を除外する。
    このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、除外されている自分の機械族・光属性モンスターを可能な限り特殊召喚し、自分の魔法・罠カードを全て破壊する。
    この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。
    この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。


    ※その他のサイバー・ドラゴン関係についてはこちら→「サイバー・ドラゴン
    ※エクシーズモンスター・機械族についてはこちら→「エクシーズモンスター・機械族
    ※光属性・機械族についてはこちら→「光属性・機械族

    【デッキレシピ】
    モンスター(22枚)
    ライトレイ ソーサラー×3枚
    シャインエンジェル
    サイバー・ラーバァ×3枚
    サイバー・ドラゴン・ドライ×3枚
    サイバー・ドラゴン・コア×3枚
    サイバー・ドラゴン×3枚
    サイバー・ヴァリー×3枚
    カードガンナー×2枚
    オネスト

    魔法(15枚)
    大嵐
    死者蘇生
    機械複製術×3枚
    簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
    サイバー・リペア・プラント×3枚
    サイクロン×3枚
    おろかな埋葬
    オーバーロード・フュージョン

    罠(3枚)
    サイバー・ネットワーク×3枚

    エクストラデッキ
    No.39 希望皇ホープ
    No.61 ヴォルカザウルス
    No.83 ギャラクシー・クィーン
    おジャマ・ナイト
    キメラテック・オーバー・ドラゴン
    キメラテック・フォートレス・ドラゴン
    サイバー・エンド・ドラゴン
    サイバー・ドラゴン・ノヴァ×2枚
    セイクリッド・トレミスM7
    セイクリッド・プレアデス
    メカ・ザウルス
    輝光子パラディオス
    迅雷の騎士ガイアドラグーン
    発条装攻ゼンマイオー


    ~回し方解説~
    このデッキはストラクの新規カードを見たら、除外することが多かっためライトレイソーサラーを採用し、サイバー・ドラゴン・コア機械複製術に対応していたので機械複製術を採用してデッキを組んだらこんな風になりました。

    基本的に序盤は・・・
    サイバー・ヴァリーサイバー・ラーヴァで手札や除外ゾーンを整えるのを待つ
    サイバー・ネットワークサイバー・ドラゴン・ドライを除外することでフィールドのサイバー・ドラゴンを守って時間を稼いだり次のターンでエクシーズに繋げる。
    機械複製術サイバー・ヴァリーサイバー・ドラゴンを展開する。

    という感じですが、気をつけたいのがエクシーズの起点となるサイバー・ドラゴンや墓地のサイバー・ドラゴン・コアは自分フィールド上にモンスターが居ると使えないため、そこは注意が必要。
    このデッキはモンスターのレベルがバラバラなので、自分のフィールドにサイバー・ラーヴァなどを残しておくと邪魔になる時がしばしばある。手札にサイバー・ヴァリーがあれば問題ないけど。

    また、墓地にサイバー・ドラゴンが居ないと、サイバー・ドラゴン・ノヴァの効果で特殊召喚して除外コストを確保する動きができなかったり、サイバー・リペア・プラントを使えなかったりするので、墓地にサイバー・ドラゴンを送ることも考えながら動きたい。(例:サイバー・ドラゴン・コアをあえて守らず墓地に送ったりサイバー・ドラゴンを含めたエクシーズをするなど)


    中盤以降は溜め込んだ分、ライトレイソーサラーサイバー・ドラゴン・ノヴァなどでとにかく攻める。
    特にサイバー・ネットワークでの展開はとても魅力的だが、そのターンはバトルフェイズが行えず、効果は発動できないためサイバー・ヴァリーで大量ドローを狙うこともできないので注意。(勘違いでやってましたw)
    しかしながら、サイバー・ドラゴンになる効果は問題なく使用できる。
    なのでもし、エクシーズを使い切っていても、最大攻撃力5000のキメラテック・フォートレス・ドラゴンを出すことも可能。

    また、相手のターンのエンドフェイズに自分のサイクロンで割るとすぐに動けるのでオススメの戦術。


    ちなみにこのデッキを使用するのに一番気をつけたい点・・・それはサイバー・ドラゴンと機械族を一緒に並べないこと!!

    もし、相手がキメラテック・フォートレス・ドラゴンをエクストラに入れていたら全て素材にされて消えてしまう・・・。しかもノーコストだよノーコスト。
    さらには自分フィールドががら空きになるためそのまま負ける場合も。

    相手のサイバー・ドラゴンにも注意だが、自分で展開して相手にノーコストで素材にされるのだけはなるべく気を付けよう。


    ~デッキ解説~
    ◎モンスター
    ○サイバー・ドラゴン・ノヴァ(以下ノヴァ)
    このデッキのエースモンスター。
    特殊召喚する効果、攻撃力を上げる効果共に魅力的でサイバー・ドラゴンから攻撃すると最大6300ダメージを与えられる。
    墓地にサイバー・ドラゴンがいないと手札から除外しないといけないため、なるべく墓地にサイバー・ドラゴンが居る時に出そう。
    相手の効果によって墓地に送られた時の効果はおまけ程度だが、擬似的に耐性があると言える。
    ちなみに、サイバー・ドラゴンとこのカードを展開しっぱなしのまま相手ターンを渡すとキメラテック・フォートレス・ドラゴンにされる可能性があるので注意。
    コストで墓地に送られるため、融合モンスターを出す効果は恐らく使用できない。

    2枚までしか使うことがなかったので2枚採用。


    ○サイバー・ドラゴン・コア(以下コア)
    名前の通りデッキの中核を担う存在で、サイバー・リペア・プラントサイバー・ネットワークをサーチしたり、墓地にこのカードを除外してサイバー・ドラゴンと名の付いたモンスターを特殊召喚してそのままエクシーズに繋げたりライトレイソーサラーを出すための数を増やすことができる。
    しかも、フィールドではサイバー・ドラゴンとして扱うため機械複製術を使うことでデッキからサイバー・ドラゴンを2体特殊召喚できるため、ライフを大きく削ったりエクシーズをすることができる。この時、セイクリッド・プレアデスを出せばこのカードを手札に戻して次のターンに召喚することでサーチを行うができる。

    もちろん3枚採用。


    ○サイバー・ドラゴン・ドライ(以下ドライ)
    召喚時にフィールドのサイバー・ドラゴンがレベル5になる効果のおかげでノヴァを出しやすくなったが、機械族しか特殊召喚できないため、他には発条装攻ゼンマイオーしか出せないため注意したい。
    ちなみに発条装攻ゼンマイオーは序盤の伏せが多い時に出すことで伏せを退かしつつ墓地にサイバー・ドラゴンが溜まる。
    除外された時の効果はサイバー・ネットワークありきの効果で、相手の攻撃はもちろん、除去を打ったときに除外することで破壊を免れることもできる。

    コアと手札にある時はコア召喚効果でサイバー・ネットワークをサーチ、相手のターンでサイバー・ネットワークでこのカードを除外し守ってからの自分ターンで召喚してレベル5にしてエクシーズ!という動きができる。

    事故要員になりかねないが、すぐにデッキから消えてしまうため3枚採用。


    ○ライトレイ ソーサラー
    ライトレイソーサラー
    俺のお気に入りのモンスター。光属性が除外される知るとすぐにこのカードを使いたくなる←
    このデッキは光属性を除外することがとても多いため、出すことに困ることはあまりないが、レベルが合わないためセイクリッド・トレミスM7で連打するコンボはあまり狙えない。
    除去の少ないこのデッキにはなかなか重宝するが、事故要員になる時があるので注意。

    連打できると強いのでもちろん3枚採用。


    ○サイバー・ドラゴン
    機械複製術ノヴァなどでデッキから消えることがしばしばあるので、サイバー・リペア・プラントで調整するなどして意識しながら使おう。
    もちろん3枚採用。


    ○サイバー・ヴァリー(以下ヴァリー)
    機械複製術と相性が良く、光属性を除外しながらドローができる。
    3体並べた時にまず最初に墓地のカードをデッキトップに戻す効果を使用した後にドローする効果を使えば擬似的に墓地のカードをサルベージしたことになる。
    防御面でもとても優秀。

    機械複製術の存在により3枚採用。


    ○サイバー・ラーヴァ
    機械複製術に対応しており、3体並べることでNo.83 ギャラクシー・クィーンを出すことができるが基本的には防御として使う。
    また、リクルーターなのでキメラテック・オーバー・ドラゴンのコストを増やすことにも使える。

    機械複製術の存在により3枚採用。


    ○カードガンナー
    機械複製術に対応しているが準制限カードであるため1体しか増やせないがそれでもなかなか強力。
    墓地にモンスターをランダムに送るので機械複製術との相性はイマイチだったりするが、墓地にサイバー・ドラゴンを増やすことができる。

    もちろん2枚採用。


    ○シャインエンジェル
    機械複製術のモンスターをフィールドに出すのに役立つのと、コアを呼ぶことでドライを召喚してエクシーズまで繋げることも可能。
    ヴァリーラーヴァもリクルートできるので防御面でも優秀。

    事故防止という意味も含めての採用なので1枚のみ。


    ○オネスト
    ライフを削ったりモンスターを守ったりととても優秀なやつ。


    ◎魔法
    ○サイバー・リペア・プラント
    光属性・機械族をサーチ、またはデッキに戻すことができるカードで、状況に応じてサーチ効果ももちろんだが、機械複製術サイバー・ネットワークのためにデッキに戻すということもできる。
    墓地にサイバー・ドラゴンがいないと使えないため注意が必要。

    両方とも効果は優秀なので3枚採用。


    ○簡易融合
    セイクリッド・プレアデスなどを出す時はおジャマ・ナイトを、ノヴァを出す時はメカ・ザウルスを使う。
    エクストラが限界なので2枚採用。

    ○おろかな埋葬
    サイバー・ドラゴンが墓地にいないと始まらないことが多いのと、コアを落とすことでそのまま展開へ繋ぐことができる。

    ○オーバーロード・フュージョン
    このデッキの切り札で、出すモンスターはもちろんキメラテック・オーバー・ドラゴン
    最後にキメる時に使用したり、戦闘破壊耐性のあるモンスターをたこ殴りにして一気にライフを削る時にも使える。

    墓地にモンスターが多く存在しないと事故要員になるので1枚のみ採用。


    ◎罠
    ○サイバー・ネットワーク
    デッキから光属性・機械族を除外できる効果を持つが、フィールドにサイバー・ドラゴンがいないと使用できない。
    発動後3回目の自分のスタンバイフェイズ時に自壊するが、墓地へ送られた時に除外されている自分の機械族・光属性モンスターを可能な限り特殊召喚できてしまう・・・しかしながらそのターンバトルフェイズは行えず、効果を発動できないため注意。
    相手のエンドフェイズ時にサイクロンで破壊すればすぐに動ける。
    除外ゾーンから光属性が一気に消えるためライトレイソーサラーを使う時は注意が必要。

    除外ができてさらに展開もできてしまうためとても汎用性があるので3枚採用。


    このデッキを使って思ったことは、サイバー・ドラゴンは素直に融合してる方が楽しいんじゃないか・・・?ということですw

    じゃあパワーボンドでも入れろや、という感じなんだけど事故要素をこれ以上増やすのは嫌だったんだ・・・。
    そこはお好みですねはい。

    機械複製術からのサイエン8000うぉぉぉぉぉ!!!を楽しみたい方はパワーボンド入れましょう。


    あと、攻め手が少ないか?と感じることがしばしばありました。
    下級モンスターの多くは防御寄りのモンスターなのでそれが原因なのかもしれない。
    機械複製術を採用すると攻撃力500以下が多くなってしまうので仕方なしか。



    ということで今回はこんな感じで。実際に組んで回してみたら思ったより機械複製術がデッキの根幹に影響してしまうため一長一短な感じでした。


    最後に一言:サイバーたちの絵がかっこいいやつばかりでテンション上がる。



    人気ランキングに参加してます!気に入ったらクリックお願いします!

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2013/10/26 16:11 ] デッキレシピ | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    黒梟

    Author:黒梟
    主に遊戯王の対戦動画を載せたり、デッキ紹介したり考察しています\(^o^)/

    トラックバックやコメントはご自由にどうぞ~

    相互リンク募集中です!

    ランキング1位目指してます!
    応援よろしくお願いします!!



    メンバー紹介

    黒梟:このブログの管理人。
    活動はこのブログの管理や新情報の考察などです。
    ほとんどの記事は僕が書いてます。
    好きなデッキは旋風BFや墓地BFなど色々。


    ラッペ:このブログの副管理人。
    動画編集及びアップロードを主にやってくれています。
    使用デッキは主に暗黒界とガスタ。
    いつも迅速に動画を上げられているのは彼のおかげである。


    ファルコン:よくコンボ系のデッキを考えてくるデュエリスト。
    好きなデッキはX-セイバーだったが、今では完全に暗黒界使いである。
    現在は遊戯王よりもヴァンガードらしい。


    PHONE-D(ホンディー):メンバーの中でも随一の頭脳を持つデュエリスト。ぶん回し系のデッキを使うのが得意で、動き方のパターンを考えるのもとても上手い。
    最近の使用デッキはカラクリ。


    ヴァラファー:爬虫類族を愛するノリの良いデュエリスト。特にレプティレス・ナージャが好きすぎてたまらないみたいですw
    だがしかし最近は、墓守や魔導を使用している。
    爬虫類とはなんだったのか・・・。


    トバリ(元USB):リチュアをこよなく愛するデュエリスト。
    主な使用デッキはもちろんリチュア。
    最近は六武衆にも手を出している。


    トーマス:スターダストドラゴンを追い求めるデュエリスト。


    チャック:主にギャンブルカードで敵を追い詰める戦法が得意です。


    最近はメンバーの都合がつかなかったり、紹介したいデッキがない!という感じで対戦動画を撮る回数が減ってますが、デッキレシピの紹介や最新情報についての考察なども書いてます。

    まだまだ未熟なデュエリストの集まりなので、できれば感想や改善点など教えてくれればうれしいです!



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。