FC2ブログ

    遊戯王工房研究所

    2016年12月31日を持って遊戯王工房研究所は解散しました。今まで応援ありがとうございました!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    RUM-アストラル・フォースが便利すぎる 【考察】

    アストラル・フォース

    こんにちは( ´ー`)ノ

    今回は

    RUM-アストラル・フォース

    がこれまたすごい効果だなぁと思って少し考えてみました。

    RUM-アストラル・フォース
    通常魔法
    自分フィールド上のランクが一番高いエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。
    選択したモンスターと同じ種族・属性でランクが2つ高いモンスター1体を、選択した自分のモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
    また、このカードが墓地に存在する場合、自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、墓地のこのカードを手札に加える事ができる。
    この効果を発動するターン、自分は「RUM-アストラル・フォース」の効果以外でモンスターを特殊召喚できない。


    ※RUM-アストラル・フォース対応リストについてはこちら→「対応するエクシーズモンスター


    対応リストから僕が個人的にオススメの組み合わせを紹介します。

    「ゴーストリック・アルカード」
    「No.48 シャドー・リッチ」→「紅貴士-ヴァンパイア・ブラム」

    ゴーストリック・アルカードは素材縛りなしで、さらに相手を伏せを除去できるので安全かつ気軽に紅貴士-ヴァンパイア・ブラムまで繋ぐことができる。
    No.48 シャドー・リッチは素材縛りがあるものの、場持ちが良いため次のターンにRUM-アストラル・フォースの効果で墓地から回収してそのまま紅貴士-ヴァンパイア・ブラムへ繋ぐことができる。
    そして何より紅貴士-ヴァンパイア・ブラムは相手の墓地からモンスターを蘇生できる。強い。


    「No.63 おしゃもじソルジャー」→「機装天使エンジネル」→「始祖の守護者ティラス」
    →「No.7 ラッキー・ストライプ」

    RUM-アストラル・フォースで毎ターンエクシーズしたい!って方にオススメ。
    この組み合わせはRUM-アストラル・フォース対応の中でも一番長い。
    しかも最後はNo.7 ラッキー・ストライプというロマン溢れるサイコロ野朗を呼べるw
    全員素材縛りないし良い奴ら。


    「先史遺産クリスタル・エイリアン」→「CNo.69 紋章死神カオス・オブ・アームズ」
    先史遺産クリスタル・エイリアンは素材縛りがないため、気軽にRUM-アストラル・フォースでCNo.69 紋章死神カオス・オブ・アームズという4000打点を出せてしまう・・・。
    しかも除去効果は「No.69 紋章神コート・オブ・アームズ」をエクシーズ素材にしていなくても発動できるため、ほとんど問題ない。


    「グレンザウルス」→「No.61 ヴォルカザウルス」
    まぁなんか一応。グレンザウルスも素材縛りがないので使いやすい。


    「発条装攻ゼンマイオー」→「幻獣機ドラゴサック」
    発条装攻ゼンマイオーは素材縛りがないので、ランク5を出せるデッキは気軽に先攻ドラゴサックが狙えるぞ!(なお手札消費は激しい模様)


    「ダウナード・マジシャン」→「マジマジ☆マジシャンギャル」
    ダウナード・マジシャンはメイン2に限ってランク3以下のモンスターを素材としてエクシーズ召喚できるのでこのパターンをすること自体はかなり楽。
    しかしながら、メイン2の場合が多いため、マジマジ☆マジシャンギャルのコントロールを得る効果は使いにくいかもしれない。


    「聖刻龍王-アトゥムス」→「No.107 銀河眼の時空竜」
                      「サンダーエンド・ドラゴン」
                      「超銀河眼の光子龍」
                      「伝説の白き龍(公式では使用不可)」

    聖刻龍王-アトゥムスからの動きは強い動きが多くて、例えば
    聖刻龍王-アトゥムス効果でレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンを特殊、効果でドラゴン族特殊
    ここでRUM-アストラル・フォースでNo.107 銀河眼の時空竜を出してバトルフェイズで効果を使用すればレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンの攻撃力が元に戻るので大ダメージを狙える。

    サンダーエンド・ドラゴンは全体除去をしたい時に使え、超銀河眼の光子龍はエクシーズモンスターを並べられた時に重宝する。
    そして伝説の白き龍は公式では使えないがネタとしては面白い。


    「No.39 希望皇ホープ」
     「CNo.39 希望皇ホープレイ」
     「SNo.39 希望皇ホープONE」
     「H-C エクスカリバー」
     「輝光子パラディオス」→「フォトン・ストリーク・バウンサー」→「神竜騎士フェルグラント」

    ランク4を扱うデッキなら結構オススメでランクアップ先のフォトン・ストリーク・バウンサー、神竜騎士フェルグラントはとても強力なモンスター。
    しかもNo.39 希望皇ホープにCno.39 希望皇ホープレイまたはSno.39 希望皇ホープを乗せてから使うことでエクシーズ素材を1つ増やすことができる。
    H-C エクスカリバーと輝光子パラディオスは効果を使用した後に使うのが好ましい。


    「聖光の宣告者」→「ヴァイロン・ディシグマ」
                  「No.16 色の支配者ショック・ルーラー」
                  「No.102 光天使グローリアス・ヘイロー」
                  「フェアリー・チア・ガール」

    No.102 光天使グローリアス・ヘイローとヴァイロン・ディシグマは場面を返す時に使え、特にNo.102 光天使グローリアス・ヘイローは破壊耐性もある。
    No.16 色の支配者ショック・ルーラーいわずもがなの制圧力で、フェアリー・チア・ガールは手札補充が可能。
    聖光の宣告者+RUM-アストラル・フォースは正直言ってかなり使いやすい。


    「H-C ガーンデーヴァ」
      「ガガガガンマン」→「ガントレット・シューター」
                  「ソードブレイカー」

    H-C ガーンデーヴァとガガガガンマンはどちらも打点が低いため、守備力の高いガントレット・シューターや破壊効果を持つソードブレイカーに変えれば相手のターンを凌げる可能性が高くなる。


    「妖精王 アルヴェルド」→「妖精騎士イングナル」
    妖精王アルヴェルドは素材縛りがあるが、妖精騎士イングナルは強力なバウンス効果を持つ。
    ちなみに妖精騎士イングナルの縛りがレベル6×3と厳しいのは、恐らくRUM-アストラル・フォースを使えば妖精王アルヴェルドから進化して簡単に出せるよ!ということを意識しているからなのかもしれない。(CNo.的な)


    「エヴォルカイザー・ドルカ」
      「エヴォルカイザー・ラギア」→「エヴォルカイザー・ソルデ」
    素材がない場合や、特殊召喚を封じるとつらいデッキに対して使うと効果的。


    という感じで僕のオススメはこんな感じです。
    ちなみに現在、RUM-アストラル・フォースを使うデッキをいくつか考えているので、そのうち載せたいと思います!


    ではそろそろこの辺で。


    最後に一言:ランク2やランク3を扱えるデッキには気軽に採用できそう。



    人気ランキングに参加してます!気に入ったらクリックお願いします!

    関連記事
    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    黒梟

    Author:黒梟
    主に遊戯王の対戦動画を載せたり、デッキ紹介したり考察しています\(^o^)/

    トラックバックやコメントはご自由にどうぞ~

    相互リンク募集中です!

    ランキング1位目指してます!
    応援よろしくお願いします!!



    メンバー紹介

    黒梟:このブログの管理人。
    活動はこのブログの管理や新情報の考察などです。
    ほとんどの記事は僕が書いてます。
    好きなデッキは旋風BFや墓地BFなど色々。


    ラッペ:このブログの副管理人。
    動画編集及びアップロードを主にやってくれています。
    使用デッキは主に暗黒界とガスタ。
    いつも迅速に動画を上げられているのは彼のおかげである。


    ファルコン:よくコンボ系のデッキを考えてくるデュエリスト。
    好きなデッキはX-セイバーだったが、今では完全に暗黒界使いである。
    現在は遊戯王よりもヴァンガードらしい。


    PHONE-D(ホンディー):メンバーの中でも随一の頭脳を持つデュエリスト。ぶん回し系のデッキを使うのが得意で、動き方のパターンを考えるのもとても上手い。
    最近の使用デッキはカラクリ。


    ヴァラファー:爬虫類族を愛するノリの良いデュエリスト。特にレプティレス・ナージャが好きすぎてたまらないみたいですw
    だがしかし最近は、墓守や魔導を使用している。
    爬虫類とはなんだったのか・・・。


    トバリ(元USB):リチュアをこよなく愛するデュエリスト。
    主な使用デッキはもちろんリチュア。
    最近は六武衆にも手を出している。


    トーマス:スターダストドラゴンを追い求めるデュエリスト。


    チャック:主にギャンブルカードで敵を追い詰める戦法が得意です。


    最近はメンバーの都合がつかなかったり、紹介したいデッキがない!という感じで対戦動画を撮る回数が減ってますが、デッキレシピの紹介や最新情報についての考察なども書いてます。

    まだまだ未熟なデュエリストの集まりなので、できれば感想や改善点など教えてくれればうれしいです!



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。